TOEICは何点からすごい?受験や就職に評価されるスコア基準を知ろう

  • 2024年4月1日
  • 留学
  • 975view

TOEICで何点を取るとすごい?

TOEICスコアがあれば英語力をアピールできる?

TOEICのスコア別レベルは?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、 TOEICで何点から「すごい」と評価されるのかTOEICのスコア別英語レベルを解説します。

また、外資系企業への就職で目指すべきTOEICの点数TOEICで高得点かつ話せる英語を習得する方法も解説しています。

アドバイザー
TOEIC受験を予定している人やTOEICの点数を学習目標にしたい人はぜひ、参考にしてみてください。
Santaアルク − TOEIC®テスト対策アプリ / 無料スコア診断TOEIC学習がアプリでできる「Santa アルク」は、3億以上の学習データを元に、あなたを最速でTOEIC点数をアップへと導いてくれるTOEICアプリです。2023年上半期ダウンロード数No.1を獲得し、日本のみならず、韓国や台湾等世界で600万人のユーザーが利用しているアプリに人気となりました。※TOEIC学習アプリにおける、日本国内ダウンロード数 (App Store/他アプリストア合計値、調査期間:2023年1月1日〜6月30日)/ data ai調べ
> 今すぐインストールする

>> オンライン英会話のTOEIC対策は効果がある?

目次

TOEICは何点から自慢できる?「すごい」と評価される点数

学生から社会人まで、実際にTOEICで何点を取得すれば「すごい」と評価されるのかを解説します。

アドバイザー
TOEICスコアや英語学習の目標として、ぜひ参考にしましょう。
  1. 高校生のTOEICスコアは何点からすごい?
  2. 大学生のTOEICスコアは何点からすごい?
  3. 就職で履歴書に書けるのはTOEIC何点から?

高校生のTOEICスコアは何点からすごい?

高校生のTOEICスコアは約450点〜500点前半が平均

日本のTOEICを運営するIIBCが調査した「TOEIC®︎Program DATA & ANALYSIS 2022」によると、高校生の公開テストの平均スコアは513点IPテストは437点でした。

この結果からわかるように、高校生のTOEICスコアは約450点〜500点前半が平均です。

そのため、500点後半もしくは600点以上のTOEICスコアを持っていれば「すごい」といえます。

しかし、高校ではリーディングやリスニングを中心に英語教育をしているので、TOEICスコアが高くても英語を話せない人が多いです。

大学生のTOEICスコアは何点からすごい?

大学の語学・文学系専攻のTOEIC平均スコアは546点

TOEIC®︎Program DATA & ANALYSIS 2022」の結果によると、大学の語学・文学系専攻のTOEIC平均スコアは546点でした。

高校生の結果とさほど変わりないスコアですが、以下の表のように大学4年間で100点近くスコアが上がっていることがわかります。

学年

リスニングリーディング合計スコア
大学1年生290点219点

509点

大学2年生

310点236点547点
大学3年生331点254点

585点

大学4年生

341点257点

598点

アドバイザー
この結果から大学1年生でTOEIC600点以上、大学4年生でTOEIC700点近くのスコアがあると「すごい」といえます。

就職で履歴書に書けるのはTOEIC何点から?

就職で履歴書に書けるのはTOEIC

引用:IIBC

就職する企業によりますが、英語を使わない職種の場合は600点以上が履歴書に書けるスコアの目安です。

TOEIC受験者の全体平均スコアが611点だからです。

また、英語を使う職種の場合は750〜800点以上あると英語力をアピールできます。

キャリア学長
英語を必要とする職種の求人には、TOEIC700点以上や800点以上などの条件が定められている場合が多いからです。

今すぐTIEC対策の英会話を見る

TOEICスコアがあれば英語力をアピールできる?

TOEICスコアがあると英語力をアピールできる理由は以下の3つです。

  1. TOEICは総合的な英語力を評価するテスト
  2. 英会話初心者やはじめての人でも受験可能
  3. 就職や転職、入試などでも使える

TOEICは総合的な英語力を評価するテスト

TOEICは世界160ヵ国で実施されている世界共通のテストです。

リスニング、リーディング、スピーキング、ライティングの4技能を総合的に評価し、英語力を数値化して測ることができます。

また、出題される問題も日常会話や英語圏の生活で起こるシチュエーションを元に作られています。

参考:TOEIC®︎Programとは

英会話初心者やはじめての人でも受験可能

TOEICは国籍や年齢、受験回数や英語力に関係なく、誰でも受験可能です。

ただし、受験時点で12歳以下の人は試験日当日に解答用紙の書き方や注意事項の案内を受ける必要があります。

テストは月1回もしくは2回実施され、指定の期日までに申し込む必要があります。

詳しい受験日程や受験方法はTOEIC公式サイトから確認しましょう。

TOEICスコアは就職や転職、入試などでも使える

TOEICスコアは大学入試や単位認定などでも使え、スコアに応じた優遇措置を受けられます。

アメリカやイギリスなど、海外の大学や語学学校への提示も可能です。

また、約2,900以上の国内企業・団体で活用されているので、TOEICスコアを持っているだけで一瞬で自分の英語力を証明できます。

英語学習初心者や英語力に自信がない人もまずはTOEICを受験して、自分の英語力を確認しましょう。

参考:TOEIC®︎Testsが就活で役立つ理由

今すぐTIEC対策の英会話を見る

TOEICのスコア別レベル一覧

TOEICスコア別の英語レベルを以下にまとめました。

  1. TOEICスコアは何点刻みで評価される?
  2. 300点以下:基礎レベルから要勉強
  3. 400点台:簡単な言葉なら理解できる初心者レベル
  4. 500点台:英語学習者の平均レベル
  5. 600点台:旅行・日常会話ができるレベル
  6. 700〜800点台:ビジネス英語ができるレベル
  7. 900〜満点:ネイティブレベル

TOEICスコアは何点刻みで評価される?

TOEIC®︎L&R Testは以下の点数配分で構成されています。

Listening5〜495点
Reading5〜495点
Total score10〜990点

スコアは5点刻みでカウントされ、正解数がそのままスコアに反映されるのではなく、統計処理によって換算点で算出されます。

300点以下:基礎レベルから要勉強

TOEICの平均スコアは611点なので半分の300点以下は、義務教育で学んだ英語を理解できていない可能性が高いです。

日常会話、ビジネスシーンなど、実践的なシーンでの英語コミュニケーションが難しいレベルといえます。

スコアアップを目指すには中学生レベルの教材から学び直し、英語の基礎を固める必要があります。

また、基礎単語も不足している可能性があるので、頻出単語帳なども活用して勉強しましょう。

400点台:簡単な言葉なら理解できる初心者レベル

TOEIC400点台は初心者レベルに該当します。

スムーズな日常会話は難しいですが、ゆっくりした会話や簡単な単語であればリスニング・スピーキングができるレベルです。

また、英検では4〜3級レベル、中学生が学ぶ英語レベルに該当します。

語彙力は2,000〜3,000単語が身についているレベルなので、頻出単語の暗記と併用して英熟語なども勉強しましょう。

500点台:英語学習者の平均レベル

TOEIC500点台は英語学習者の平均点で、短文であれば英語でコミュニケーションができるレベルです。

また、英検では3〜準2級に該当し、高校卒業までの英語レベルといえます。

語彙力は2,500〜3,500単語が目安とされているので、500点に近いスコアで勉強に行き詰まっている人は単語学習に力を入れましょう。

リスニング力を伸ばしたい人はテキストの模擬試験を練習したり、聞き取った英語を書き取るディクテーションなどがおすすめです。

600点台:旅行・日常会話ができるレベル

TOEIC600点台は海外旅行や英語圏での日常会話ができるレベルです。

一般的には大学卒業レベルの英語力といわれており、ゆっくりとした会話であれば正確なコミュニケーションが取れるレベルとされています。

また、英検では準2〜2級に該当し、語彙力は4,000〜5,000単語を習得しているレベルです。

海外留学、移住などを予定している人はTOEIC600点以上を取得しておくと、日常生活で困ることは少ないです。

700〜800点台:ビジネス英語ができるレベル

TOEIC700〜800点台はスムーズな日常会話はもちろん、ビジネスシーンでも問題なくコミュニケーションが取れる英語レベルです。

英検では2〜準1級に該当し、語彙力は5,500〜7,000単語を取得しているレベルです。

また、外資系企業や海外に支店がある企業もTOEIC700点以上を目安にしています。

そのため、外資系の仕事に就きたい人や駐在員として活躍したい人は、TOEIC700点以上を目指しましょう。

900〜満点:ネイティブレベル

TOEIC900点以上の人はネイティブレベルのレベルの英語力があるといえます。

英語で問題なく意思疎通ができ、本格的なミーティングや打ち合わせなどもスムーズにできるレベルです。

また、英検では準1〜1級レベルに該当し、語彙力も8,000〜9,000単語を習得しているレベルです。

ただ、専門英語や日常生活であまり使わない言葉などには弱い部分があるので、TOEIC900点以上を取得後も単語学習は継続しましょう。

今すぐTIEC対策の英会話を見る

TOEICスコア何点から就活ですごい?外資系・日本企業別で見る目指すべき点数

就活で評価されるTOEICのスコアとは、一体どのくらいなのでしょうか。

ここでは外資系企業と日本企業、就活で有利になるとされているTOEICの点数について解説します。

外資系企業への就職でTOEIC何点を目指すべき?|外資系就職は790点以上が目安!

外資系企業への就職でTOEIC790点以上あれば、英語ができるとアピールできるレベルといえます。

ただ、就職する企業や役職、仕事内容によって求められる英語力が違うので、働きたい企業や職種で求められる英語レベルを事前に確認しておきましょう。

また、TOEIC以外に以下の英語関連資格を持っていると就職が有利になる場合があります。

  1. TOEFL
  2. IELTS
  3. 日商ビジネス英語検定試験
  4. 実用英語技能検定(英検)
  5. 国際連合公用語英語検定試験(国連英検)
  6. Linguaskill Business(from Cambridge Assessment English)

入社後も昇格試験などでTOEICスコアを求められる

採用選考だけではなく異動や昇格試験など、入社後もTOEICスコアの提示や受験を求められる場合があります。

そのため、英語を使う職種に就く場合は入社後も継続して、英語を学ぶ必要があります。

働きながらの英語学習には、オンライン英会話スクールがおすすめです。

マンツーマンやグループレッスンなどレッスン形式も選べるうえ、定額制のコースを選べば毎日レッスンを受講することも可能です。

今すぐTIEC対策の英会話を見る

日本企業への就職でTOEIC何点を目指すべき?|日本企業への就職は最低でも600点以上が目安!

日本の企業に就職する際、有利になるとされているTOEICの点数は600点以上とされています。

というのも日本のTOEIC平均スコアは560点前後。600点以上のスコアがあると平均的な英語力があると判断されます。

さらに2022年におこわれた国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)による調査によると、「キャリアアップに成功したと実感している受験者のスコア」の最多やおよび「人事が評価するスコア」の中央値は600点以上と評価されているようです。

実際に希望する職種で英語力を求められなかったとしても、TOEICのスコアを600点以上持っていることで就活に有利になるほか、将来のキャリアチェンジのバックアップにもなります。

出典元:履歴書に記載してもいい「TOEIC® Listening & Reading」のスコアは何点?/国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)

TOEICスコアを受験面接や就活でアピールする方法

取得したTOEICスコアを最大限生かすためにも、受験や就活時でのアピール方法を覚えておきましょう。

せっかく取得したスコアだからこそ、将来自分のスキルをどう生かしたいか明確にしておくことが大切です。

TOEICを学んだ理由についてアピールする

なぜTOEICを受験しようと思ったのか学んだ理由について、アピールしましょう。ハイスコアを目指した理由があなたの主体性につながります。

またその際、具体的なエピソードも合わせて話すとなお◎!

「自分の英語力を生かしてグローバルな分野で活躍したいと思った」「海外の方とコミュニケーションをとって自分の視野を広げたいと思った」など将来を見据えたアンサーがあるとよいと思います。

学んだことを将来どう生かしたいか伝える

TOEICは目標を叶えるための手段です。培った自分のスキルを将来どう生かしていきたいか、就活の方は入社後どのような部分で活躍できるかを伝えることができたら理想的です。

入学後や入社後、どのような分野で活躍してくれるのかイメージがしやすくなります。

また特に英語系の学校や外資系の就職先の場合は、英語にまつわる将来的な展望は高く評価されるはず。将来どのような目標を念頭においているのか、話せるようにしておくとよいでしょう。

TOEIC試験の概要:リスニングとリーディングの2つのセクションで評価

TOEIC試験は、リスニングとリーディングの2つのセクションで評価されます。

リスニングセクションは、英語の会話や音声を聞いて理解する力を測り、リーディングセクションは、英語の文章を読んで理解する力を測ります。

試験時間は約2時間で、最高点は990点です。

リスニング問題の解説:短時間で英語の理解力を測る

リスニング問題では、短時間での英語の理解力を測ります。

英語の会話や音声を聞いて、それに関する質問に答える形式です。

リスニング問題は、日常生活やビジネスシーンでの英語コミュニケーション能力を評価するため、実践的な英語力を持つことが求められます。

対策方法は、英会話教材や英語の音声教材を活用することがおすすめです。

リーディング問題の解説:英文法と語彙力を問う

リーディング問題は英文法語彙力が重要です。

リーディングは、読解力と文法の理解がスコアアップのコツです。リーディング問題は、短文と長文の穴埋め問題のほか、長文の読解問題が出題されます。

対策方法は、英単語のボキャブラリーに加え、文法をどれだけ理解できているかがカギとなります。

TOEIC高得点でも英語が話せない人もいる!本物の英語力を身につけるための方法や注意点

TOEIC高スコア保持者でも英語が話せない人がいる理由、本物の英語力を身につける方法や注意点を解説します。

  1. 高スコア=英語が話せるわけではない
  2. TOEIC®︎Speaking & Writing Testsも受験する
  3. 英会話レッスンと並行して勉強する

高スコア=英語が話せるわけではない

TOEICで高得点を取ったからといって、流暢に英語が話せるわけではありません

TOEIC®︎L&R Testはリスニングとリーディングの能力を測る試験だからです。

そのため、英語が話せなくてもTOEIC®︎L&R Testで高得点を取れます。

英会話力をアピールしたい場合、TOEIC®︎L&R Testのスコアだけでは不十分なので注意しましょう。

TOEIC®︎Speaking & Writing Testsも受験する

TOEIC®︎L&R Testの受験と併用して、TOEIC®︎Speaking & Writing Testsも受験しましょう。

TOEIC®︎Speaking & Writing Testsは英文作成、英会話力を測定する試験です。

そのため、TOEICスコアと併用して受験しておくと、高い英会話があることを証明できます。

>> 受験詳細はコチラ!TOEIC公式サイト

英会話レッスンと並行して勉強する

本物の英語力を身につけるために、オンライン英会話スクールに通うのがポイントです。

インターネットを使って時間や場所を問わず受講でき、自分でレッスン頻度も決められます。

また、受けたい講師を選べたり、TOEIC対策講座や自主学習サービスなども充実しているので、英語学習しやすい環境が整っています。

オンライン英会話スクールによっては無料体験レッスンも開かれているので、口コミやレビューなどを参考にして自分に合うスクールを見つけましょう。

今すぐTIEC対策の英会話を見る

TOEICにおすすめのオンライン英会話3選

TOEIC対策に強いおすすめのオンライン英会話スクールを解説します。

コースや受講料、TOEIC対策の教材などを参考にして、自分に合うオンライン英会話スクールを見つけましょう。

  1. RIZAP ENGLISH
  2. スタディサプリENGLISH
  3. DMM英会話

RIZAP ENGLISH

RIZAP ENGLISH

RIZAP ENGLISHパーソナルトレーニングジム「RIZAP」が運営する英会話スクールです。

目標スコアから伸ばすべきスキルと苦手分野を分析してくれるので、最短でのスコアアップを目指せます。

また、TOEIC®︎L&R TESTに特化した日本人トレーナーが在籍しているうえ、トレーナー自身も定期的にTOEICを受験しているので、最新の傾向なども教えてもらえます。

学生の方は通常価格から33%オフで受講できる特典があるので、ぜひ利用しましょう。

コース・プランTOEIC®︎L&R TESTスコアアップコース
レッスン料金(月額)
  • 16回:437,800円(税込)
  • 24回:580,800円(税込)
  • 32回:723,800円(税込)
入会金・教材費用
  • 入会金:55,000円
  • 教材費用:別途必要
レッスン回数16回〜
レッスン時間7:00〜23:00
1レッスンあたりの時間50分
レッスン予約
公式サイトRIZAP ENGLISH

公式サイトはこちら

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISHでは、TOEIC20回分相当の演習問題を繰り返し学習できるコースが用意されています。

AIによる問題演習やランク判定結果から自分の苦手な問題を診断してくれたりなど、効率的にスコアアップが可能です。

まや、スタディサプリENGLISH TOEIC対策コースはアプリを使った学習スタイルなので、時間や場所を問わず勉強したい人におすすめです。

コース・プランTOEIC®︎L&R TEST対策コース

  • ベーシックプラン
  • パーソナルコーチプラン
レッスン料金(月額)
  • ベーシックプラン 3,278円(税込)
  • パーソナルコーチプラン 3ヵ月74,800円(税込)

※パーソナルコーチプランの受講者に限り、

TOEIC®︎L&R TEST対策コース ベーシックプランが0円になる特典あり。

入会金・教材費用0円
レッスン回数無制限
レッスン時間24時間
1レッスンあたりの時間3分〜
レッスン予約レッスン開始10分前まで
公式サイトスタディサプリENGLISH

公式サイトはこちら

DMM英会話

DMM英会話

DMM英会話1レッスン192円〜受講できるメリットがあり、豊富な無料教材のなかにはTOEIC®︎スピーキングリアル模試が含まれています。

また、TOEFL iBT®︎スピーキング、TOEFL スピーキング対策など、留学で必要になる試験対策の教材も揃っています。

そのため、TOEIC対策と並行してTOEFL、TOEFL の勉強も可能です。

コース・プラン
  • スタンダードプラン
  • プラスネイティブプラン
レッスン料金(月額)スタンダードプラン

  • 毎月8回:5,450円(税込)
  • 毎日1回:7,900円(税込)
  • 毎日2回:12,900円(税込)
  • 毎日3回:17,900円(税込)

プラスネイティブプラン

  • 毎月8回:12,980円(税込)
  • 毎日1回:19,880円(税込)
  • 毎日2回:38,980円(税込)
  • 毎日3回:56,920円(税込)
入会金・教材費用0円
レッスン回数月8回または1日1回〜
レッスン時間24時間
1レッスンあたりの時間25分〜
レッスン予約レッスン開始15分前まで
公式サイトDMM英会話

公式サイトはこちら

TOEICは何点からすごいのかのまとめ

TOEICで何点から「すごい」と評価されるのか、TOEICのスコア別英語レベルを解説しました。

TOEICは自分の英語力を数値化して確認するのに最適な試験です。

また、国内の企業や団体でも多く採用されており、海外留学でも使えるスコアなので英語の実績を積むのに適しています。

TOEICで高得点を目指し、夢や目標の実現に役立てましょう。