アメリカの求人でビザサポート有りはある?就労ビザの取得や移住方法を解説

アメリカへの就職または移住を検討しようとしたとき、

アメリカの求人でビザサポートがある求人はあるの?

アメリカのビザの種類や申請方法は?

この記事では、そんな悩みを抱えているアメリカの就職・移住希望者に向けて、ビザサポートをしてくれるアメリカの求人はあるのか、アメリカでのビザの種類や申請方法まで解説します。

最後まで読むことで、英語不要アメリカのビザ事情を理解できるでしょう。

エンワールドは、転職者のサービス満足度97%で、外資系やグローバル企業の高額・好条件の求人を10,000件以上保有している転職エージェント。

現在は海外求人の取り扱いはないようですが、国内の有名外資系企業や日系グローバル企業の案件を保有しているので、将来的に海外勤務できる可能性があります。

enworld
運営会社エンワールド・ジャパン
料金完全無料
対応地域全国
特徴・転職者のサービス満足度97%
・外資系やグローバル企業の好求人多数保有
・専門コンサルタントがフルサポートのため安心
・完全無料!登録後に一切料金がかからない
・年収・条件・日程などの交渉も一括サポート
・年収800万以上の求人数10,000件以上
・バイリンガルやビジネスレベルの英語力がある(TOEIC700点以上など)、または外資系企業に3年以上の勤務実績があると、紹介できる求人の幅が広がる可能性あり
公式サイトhttps://www.enworld.com/
グローバルな活躍を目指すなら「エンワールド」であなたが探している求人を見つけられるはずです。

求人の募集が終わらないうちに、すぐに無料登録してコンサルタントに相談しましょう。

※ただ海外求人の取り扱いはないものの、外資系や日系グローバル企業の求人を豊富に取り扱っているため、海外への駐在チャンスがある求人がございます。

\登録は3ステップで簡単/今すぐ無料登録する(公式サイト)»
無料登録後も一切料金はかかりません

【結論】アメリカの求人でビザサポート有りはたった数件

アメリカのビザサポート有りの求人はたった数件

アメリカのビザサポート有りの求人は非常に少ないです。

そこで、WEBで掲載されているアメリカのビザサポート有り求人について解説していきます。

WEBで掲載されている「アメリカ ビザサポート有り 求人」は少ない

WEB上で「アメリカ ビザサポート有り 求人」と検索しても見つけられる求人は非常に少ないと言えます。

なぜなら、就労ビザ自体の審査が年々厳しくなっているためです。

例えば、企業からビザサポートをもらい、ビザを申請しても追加書類を求められたり、却下されたりするケースが増えています。

追加書類によって企業側の手間が増え、却下された場合は用意した書類が無駄になることもあり、ビザサポートについて消極的になっている企業が増加しているのが現状です。

ニューヨークやカリフォルニアの求人でビザサポート有りも少ない

WEB上で「ニューヨーク(カリフォルニア) ビザサポート有り 求人」と検索しても見つけられる求人は非常に少ないです。

アメリカと同様に、就労ビザ自体の審査が年々厳しくなっているためです。

そのため、あなた一人で「ニューヨーク(カリフォルニア) ビザサポート有り」の求人を探すのは困難でしょう。

そこで次の章では、アメリカのビザサポート有り求人を探す方法を解説します。

アメリカのビザサポート有り求人を探す3つの方法

アメリカのビザサポート有り求人がWEB上で見つけられなくても、求人が全くないわけではありません。

そこで、アメリカのビザサポート有り求人を探す3つの方法を解説します。

  • 求人ボックスで探す
  • QUICK USA,inc で求人を確認する
  • 転職エージェントに登録する

求人ボックスで探す

求人ボックス「アメリカ ビザサポート 有り 求人」

求人ボックスで検索すると、数件ですが、アメリカのビザサポート有りの求人がヒットします。

例えば、調理師やネイリスト、幼稚園教諭やITエンジニアなど、技術職の求人があります。

特殊なスキルや資格を持っている方は、求人ボックスを確認するといいでしょう。

QUICK USA,inc で求人をチェックする

QUICK USA,inc

QUICK USA,incでの求人検索もおすすめです。

なぜなら、QUICK USA,incなら詳しい業務内容や募集資格、福利厚生などが掲載されているためです。

また、お仕事探しサポートサービスを行っており、仕事探しから履歴書添削、面接のアドバイスまでサポートが充実しています。

アメリカ就職を着実に進めたい方はQUICK USA,incに登録しましょう。

転職エージェントに登録する

アメリカのビザサポート有り求人を探すなら、まずは転職エージェントに登録しましょう。

なぜなら、転職エージェントなら非公開求人を取り扱っている可能性があるためです。

例えば、企業が転職エージェントに非公開求人を出すとき、応募者の殺到を避けることを目的にしている場合があります。

海外就職でも人気のアメリカビザサポート有り求人なら、非公開求人として転職エージェントが取り扱っている可能性があります。

求人の募集が終わらないうちに、すぐに無料登録してコンサルタントに相談しましょう。

\登録は3ステップで簡単/
今すぐ無料登録する
(公式サイト)»

海外求人の取り扱いはないものの、外資系求人や大手ハイクラス企業の求人を豊富に取り扱っているため、海外への駐在チャンスがある求人がございます。
無料登録後も一切料金はかかりません

転職エージェントがビザサポートしてくれることもある

現地支社のある転職エージェントに求人があれば、ビザサポートしてもらえる可能性があります。

これは、日本人を顧客とし、転職先を紹介する仕事があなたに適している場合があるためです。

例えば、アメリカに特化した転職エージェントではQUICK USA,incのサイトには採用情報が記載されています。

転職エージェントに興味のある方は一度聞いてみるといいでしょう。

関連記事

アメリカに転職するにあたって、転職エージェントに登録したいと思ったときに、「アメリカの転職では、どの転職エージェントに登録したらいいんだろう…」「登録不要でアメリカ求人をチェックできる転職サービスはあるの?」この記事では[…]

アメリカでビザサポート有りの飲食求人はある?

アメリカでビザサポート有りの飲食求人

アメリカでビザサポート有りの飲食求人は、タイミングが良ければ見つかります。

世界的に技術が高いことで知られる日本人調理師や店舗経営の知識が豊富なマネージャーポジションはビザサポートも受けやすいので、技術力や知識を磨きながら求人を常にチェックしておきましょう。

それでは、飲食求人を探しやすい「アメリカ掲示板」について解説します。

飲食求人を探すなら「アメリカ掲示板」

アメリカ掲示板

飲食求人を探す場合「アメリカ掲示板」の利用がおすすめです。

これは、日本人飲食店経営者が日本の技術や労働文化に慣れている人材を求めているためです。

例えば、厨房全体を管理するヘッドシェフや、店舗全体の売り上げや人事を管理するレストランマネージャーになる技量があると、他の応募者との差別化を図れるでしょう。

日本人であることと、飲食業の経験があること、2つの強みを活かしたい方は「アメリカ掲示板」をチェックしてください。

アメリカで働くのにビザの種類と申請方法を解説

アメリカで働くのにビザの種類と申請方法

アメリカで働くために最重要とも言えるのがビザの取得です。

アメリカの就労ビザは種類や条件が複雑なので、1度整理しておきましょう。

それでは、アメリカの就労ビザの種類と申請方法を解説します。

アメリカで働くのに「就労ビザ(労働ビザ)」が必要になる

アメリカで働くためには、就労ビザが必ず必要です。

これは、就労できるビザを持たずに働くと、罰金や罰則の対象になってしまうためです。

アメリカの就労ビザの種類の詳細は以下の通りです。

  • H-1Bビザ:特殊技能職ビザ
  • E-1ビザ:管理職・専門職ビザ
  • E‒2ビザ:投資家ビザ
  • Lビザ:駐在員ビザ

アメリカで就労ビザを取得する場合、H-1Bビザが一般的です。

年々審査が厳しくなってきており、他国と比べても取得の難易度は高い就労ビザと言えます。

就労ビザの取得方法と条件一覧

アメリカの就労ビザの取得方法と条件は複雑ですが、入念に準備すれば取得できる可能性が高まります。

今回は、最も一般的なH-1Bビザの取得方法と条件を解説します。

H-1Bビザの取得条件は下記のようになっています。

  • 専門職に就くこと
  • 4年制大学以上の学位、または相当の実務経験を持っていること
  • 申請職種に関連した大学の学位か実務経験を持っていること
  • 労働市場の平均以上の給料を得ること

取得方法の流れは以下の通りです。

  1. 申請書の作成
  2. ビザ申請料金の支払い
  3. 面接予約
  4. 面接

最後の面接では必要書類を持参する必要があります。

オンライン申請書フォームや請願書、パスポート、過去10年間に発行された古いパスポート、証明写真、面接予約書、雇用者からの推薦状などを持参しましょう。

アメリカ大使館、領事館はセキュリティが厳しく、面接官に会うまでに時間がかかります。必要書類を忘れることがないよう、入念に確認して準備してください。

就労ビザの有効期間

H-1Bビザの有効期間は3年で、最長6年まで延長できます。

長期滞在したい場合のビザは?

長期滞在したい場合も必ずビザが必要です。

これは、アメリカではビザなしの最長滞在期間が90日間であるためです。

長期滞在できるビザには、就労ビザをはじめ、学生ビザや研修ビザ、永住権などがあります。

それぞれ審査があり、お金も時間もかかるので、長期滞在の目的にあったビザの申請が大切です。

アメリカに住む方法は?移住するなら「グリーンカード」が必要

アメリカに住む方法は?移住するなら「グリーンカード」が必要

アメリカの生活に憧れを抱き、長期滞在を夢見る方もいるでしょう。

長期滞在には専用のビザが必要です。

それでは、アメリカ移住に必要な「グリーンカード」について解説します。

アメリカ永住権(通称グリーンカード)が必要になる

アメリカでビザの更新を気にせず、移住したい方にはグリーンカードとも呼ばれるアメリカ永住権が必要です。

なぜなら、就労ビザで滞在できる最長期間は6年間であるためです。

例えば、就労ビザで働いている6年の間に十分な業績を上げ、今後も企業にとって必要不可欠な存在であると判断されれば、雇用主のサポートのもと、グリーンカードを申請できる可能性があります。

永住権を取ると更新の必要がなく、就業先も自由に変えられるので、就労ビザで働く場合より長期間自由に過ごせるでしょう。

アメリカ永住権(通称グリーンカード)の取得方法と条件一覧

アメリカ永住権の取得方法は主に下記のような3つあります。

  1. アメリカ国籍者との結婚する
  2. 雇用先にスポンサーになってもらう
  3. グリーンカード抽選プログラムに当選する

それぞれの条件は以下の通りです。

  1. アメリカ人と結婚している、または入籍予定であること。
  2. 最低条件は4年制大学卒業資格か2年以上の就労経験。雇用主がサポートしてくれること。
  3. 日本出身であり、高校を卒業しているという応募資格を満たして、抽選に応募すること。

アメリカのグリーンカード取得は就労ビザ同様、年々厳しくなっています。

就労ビザ取得時点から永住を目標にしている方は、永住権の条件を確認し、入念に準備を進めましょう。

アメリカの求人でビザサポート有りを探すなら転職エージェントがおすすめ

WEB上で見つけられるアメリカのビザサポート求人は非常に限られています。

本気でアメリカの就労ビザ取得を目指す方は転職エージェントに登録し、計画を進めていきましょう。

エンワールドは、転職者のサービス満足度97%で、外資系やグローバル企業の高額・好条件の求人を10,000件以上保有している転職エージェント。

現在は海外求人の取り扱いはないようですが、国内の有名外資系企業や日系グローバル企業の案件を保有しているので、将来的に海外勤務できる可能性があります。

enworld
運営会社エンワールド・ジャパン
料金完全無料
対応地域全国
特徴・転職者のサービス満足度97%
・外資系やグローバル企業の好求人多数保有
・専門コンサルタントがフルサポートのため安心
・完全無料!登録後に一切料金がかからない
・年収・条件・日程などの交渉も一括サポート
・年収800万以上の求人数10,000件以上
・バイリンガルやビジネスレベルの英語力がある(TOEIC700点以上など)、または外資系企業に3年以上の勤務実績があると、紹介できる求人の幅が広がる可能性あり
公式サイトhttps://www.enworld.com/
グローバルな活躍を目指すなら「エンワールド」であなたが探している求人を見つけられるはずです。

求人の募集が終わらないうちに、すぐに無料登録してコンサルタントに相談しましょう。

※ただ海外求人の取り扱いはないものの、外資系や日系グローバル企業の求人を豊富に取り扱っているため、海外への駐在チャンスがある求人がございます。

\登録は3ステップで簡単/今すぐ無料登録する(公式サイト)»
無料登録後も一切料金はかかりません

\ 海外駐在案件を探すなら /
エンワールドがおすすめ
\ 海外駐在に強い /
エンワールドに無料登録