2週間のフィリピン留学で費用を抑える方法を解説!

  • 2024年3月17日
  • 2024年6月17日
  • 留学
  • 26view

フィリピン社会人短期留学の費用はいくらかかる?

2週間のフィリピン短期留学の費用を抑える方法は?

2週間のフィリピン留学はどれくらい効果がある?

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、フィリピン社会人短期留学の費用、2週間のフィリピン短期留学の費用を抑える方法、2週間のフィリピン留学で得られる効果を解説します。

また、フィリピン・セブ島短期留学でおすすめの語学学校、人気の留学プラン、フィリピン・セブ島留学で注意することについても触れているので参考にしてください。

最大半額の留学エージェント
認知度No.1で価格満足度No.1の「スマ留」は、年間利用者8,000人以上を超えており、「短期留学」「長期留学」「ワーキングホリデー」の3つの種類を選ぶことができます。
認知度No.1で価格満足度No.1の「スマ留」
アドバイザー
スマ留が他のサービスと比較すると、圧倒的な安さがわかる!
他社との違い
スマ留が安い理由は?
スマ留が安い理由授業の内容(コマ数)・場所・教師は他社と何も変わりませんが、稼働率の少ない時間帯に授業をおこなうことで低価格の留学ができるようになります。
不安なサポートはしっかりしてる?
スマ留は146カ国203都市で駆けつけのサービスがあったり世界中で安心安全の24時間コールサポートをしてくれるので、はじめての留学でも安心して学ぶことができます。
スマ留がサポートしている国は?
スマ留がサポートしている国
国ごとの費用一覧は?
※授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用込み
週数オーストラリアカナダフィリピンマレーシアアメリカ(西海岸)アメリカ(東海岸)ハワイニュージーランドマルタイギリスアイルランドドバイ南アフリカ
798,000137,000最低保証価格-145,000145,000140,00085,00079,800127,00084,700102,00076,780
8170,000185,000最低保証価格-245,000299,000249,000145,000140,000203,000178,000181,000142,000
12236,000249,000最低保証価格-306,000373,000330,000200,000190,000271,000237,000252,000204,000
16304,000313,000最低保証価格168,000370,000449,000419,000250,000234,000350,000298,000322,000246,000
20342,000373,000最低保証価格-443,000544,000480,000311,000281,000445,000358,000378,000306,000
24388,000442,000最低保証価格-518,000636,000568,000371,000326,000522,000417,000446,000365,000
25438,000509,000最低保証価格-591,000727,000652,000427,000364,000595,000469,000514,000399,000
36496,000568,000最低保証価格330,000665,000817,000727,000484,000402,000655,000523,000582,000454,000
48619,000706,000最低保証価格455,000770,000980,000860,000609,000597,000742,000617,000815,000542,000
52739,000846,000最低保証価格-885,0001,141,000-728,000767,000871,000716,0001,021,000669,000
60837,000918,000最低保証価格-990,0001,262,000-812,000950,000973,000780,0001,235,000776,000
68917,0001,010,000最低保証価格-1,126,0001,389,000-890,0001,082,0001,077,000868,0001,456,000854,000
76--最低保証価格-------897,000--
801,300,0001,400,000最低保証価格-1,700,0002,100,000-1,500,0001,350,0001,650,000-960,000-
881,600,0001,800,000最低保証価格-2,050,0002,500,000-1,800,0001,780,000--1,200,000-
44---------1,950,000---
留学費用の分割払いが可能なので将来的に返済も可能ということで、社会人なってからやワーホリ後に返済ができてしまうので魅力的です!

\ 最大半額のエージェント /公式サイトを見る

2週間のフィリピン社会人短期留学の費用

2週間のフィリピン社会人短期留学にかかる費用を項目別に解説します。

滞在先の環境や留学プランによって必要な費用が異なるので、目安の費用として参考にしましょう。

  1. 入学金
  2. 授業料
  3. 教材費
  4. 滞在費
  5. 食費
  6. 水道光熱費
  7. 交通費
  8. 通信費
  9. 娯楽・交際費
  10. 雑費
  11. 往復航空券
  12. 海外留学保険
  13. 寮デポジット
  14. SSP申請費
  15. 空港送迎費(必要な人のみ)

入学金

入学金は10,000〜20,000円が相場です。

金額は語学学校によって差があり、 授業料のなかに入学金が含まれている場合もあります。

また、入学金は過去に同じ学校に通学経験があっても免除されることはありません

そのため、少しでも留学費用を節約したい人は入学金0円の語学学校を選んだり、学校や留学エージェントが実施している入学金免除のキャンペーンを活用しましょう。

授業料

2週間のフィリピン社会人留学でかかる授業料は100,000〜150,000円が相場です。

授業料は語学学校や学習コース、滞在スタイル、講師の国籍などによって変動します。

ESLコースは基礎的な英会話力を学ぶコースなので授業料は高くありませんが、ビジネス英語や資格取得を目指すコースは授業料が高いです。

また、語学学校によってはネイティブ講師の授業を開講している学校もありますが、講師数が限られます。

そのため、一般的なESLコースと比べて授業料が高く設定されていることが多いです。

教材費

教材費は学習コースやレベル、レッスン数によって大きく変わります。

ESLコースの場合は月2,000〜4,000円が相場です。

ただし、受講途中でレベルやコースを変更すると追加で教材費がかかる場合があるので注意しましょう。

また、教材費は授業料とまとめてまたは月ごとの支払いなど、学校によって支払うタイミングが異なるので事前に確認しておくと安心です。

関連記事:【フィリピン短期留学】英語力の効果や費用、おすすめの学校を解説

関連記事

「フィリピン・セブ島ではどんな留学ができる?」「フィリピン短期留学で得られる英語力の効果は?」「フィリピンに短期留学する社会人におすすめの学校はどこ?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、フィリピン・[…]

【フィリピン短期留学】英語力の効果や費用、おすすめの学校を解説

滞在費

フィリピン留学では、語学学校が所有する学生寮もしくはホテル寮に滞在するスタイルが人気です。

学生寮やホテル寮に滞在する場合は授業料に寮費が含まれているので、別途で滞在費はかかりません。

ただし、何人部屋に滞在するかで料金が大きく変わるので注意しましょう。

1人部屋は2週間で100,000円以上4〜6人部屋は70,000〜60,000円前後が相場です。

関連記事:1ヶ月のフィリピン留学の費用はいくら?安く抑えるコツを解説

関連記事

「フィリピン留学1ヶ月の費用は?」「フィリピン・セブ島留学の費用を抑えるコツはある?」「1ヶ月のフィリピン・セブ島留学で効果はある?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、期間別のフィリピン[…]

1ヶ月のフィリピン留学の費用はいくら?安く抑えるコツを解説

食費

学生寮やホテル寮に滞在する場合は、滞在費のなかに食費が含まれています

学校によって提供される食事回数は異なりますが、自炊や外食するより安く抑えられます。

また、寮食が口に合わない場合は外食することも可能です。

フィリピンの屋台やローカルレストランでは1食あたり100〜300円程度で食事ができます。

水道光熱費

2週間のフィリピン社会人留学でかかる水道光熱費は2,000円が相場です。

学校によって支払い方法が異なり、滞在費に含まれている場合別途で水道光熱費の支払いを求められる場合があります。

滞在費に含まれていない場合は現地で現金払いするので、細かな現金を用意しておくと便利です。

また、固定額と変動額など料金設定も異なるので、語学学校の申し込み前に確認しておきましょう。

交通費

フィリピンは日本と比べて交通費が安いので、2週間の留学であれば3,000円が相場です。

ただし、トライシクルやタクシーではぼったくりに遭う可能性があるので、必ず乗車前に料金を確認しましょう。

フィリピンの交通手段と利用料金は以下のとおりです。

バス

12PHP(約32円)〜
電車

15〜30PHP(約40〜81円)

ジプニー

7PHP(約19円)〜
トライシクル

8PHP(約22円)〜

タクシー

40PHP(約108円)〜

※レート:1PHP2.69円

通信費

留学先でインターネット通信を利用するには以下の方法があります。

  • 日本の通信キャリアの海外サービスを使う
  • 日本からポケットWi-Fiを持ち込む
  • フィリピンの通信キャリアを使う

ポケットWi-Fiは常に持ち歩く必要があり、充電式なので2週間留学ではおすすめしません。

日本の通信キャリアで利用可能な海外サービスは以下のとおりです。

通信方法

プラン・サービス

料金

docomo

  • 世界そのままギガ
  • 世界ギガし放題
【世界そのままギガ】

  • 1時間:200円〜
  • 24時間:980円〜

【世界ギガし放題】

  • 最大2,980円/日

SoftBank

  • 海外あんしん定額
  • 24時間 3GB:980円
  • 72時間 9GB:2,940円

au

  • 世界データ定額
  • 早割:690円〜
  • 通常料金:980円〜

楽天モバイル

  • 毎月2GBまで無料
  • 3GB:968円(税込)
  • 20GB:2,068円(税込)
  • 無制限:3,168円(税込)

LINEMO

  • 海外パケットし放題
  • 25MB:0〜1,980円/日
  • 25MB以上:2,980円/日

UQ mobile

  • 世界データ定額
  • 海外ダブル定額
【世界データ定額】

  • 早割:690円〜
  • 通常料金:980円〜

【海外ダブル定額】

  • 24.4MB:最大1,980円/日
  • 無制限:最大2,980円/日

フィリピン大手通信キャリアのSIMカードを利用した場合の料金は以下のとおりです。

通信会社名

プラン料金
Globe5G 40GB

月1,499ペソ(約4,032円)

Smart

5G 20GB

月999ペソ(約2,687円)

※レート:1PHP2.69円

娯楽・交際費

留学先での過ごし方によって金額は変動しますが、2週間留学であれば20,000円が相場です。

フィリピンは日本より物価が安い国なので、生活にかかる費用は安く抑えられます

しかし、ショッピングセンターや観光客に人気のエリアは外国人向けの料金設定がされているので安くありません

また、マリンスポーツや観光ツアーも高いので、観光しながら留学したい人は多めに予算を決めておくと安心です。

雑費

留学中は生活用品や衣類などの雑費もかかります。

日本から持っていけば費用はかかりませんが、少ない荷物で渡航したい人は現地で購入しましょう

フィリピンは日用品も比較的安く手に入るので、雑費は5,000円程度用意しておきましょう。

また、留学時期が同じルームメイトがいる場合は、シャンプーやボディーソープなどを共同購入するのも費用を抑えられるのでおすすめです。

往復航空券

日本からフィリピンまでの往復航空券は50,000〜80,000円が相場です。

以下の空港にはフィリピンまでの直行便が就航しています。

マニラへの直行便

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • 福岡空港

セブ島への直行便

  • 成田空港
  • 関西国際空港

また、LCCなどの格安航空会社を利用したり、航空会社のキャンペーンを利用すると通常料金より安く航空券を購入できます。

ただし、年末年始やゴールデンウィーク、お盆などのハイシーズンは航空券が高騰するので注意しましょう。

海外留学保険

保険会社や保証プランによって料金は異なりますが、2週間の留学にかかる海外留学保険料は8,000〜15,000円が相場です。

2週間で10,000円超えは高いと感じる人もいますが、万が一怪我や事故に遭った場合に十分な医療処置を受けるためにも、海外留学保険には必ず加入しましょう

また、保証プランによっては飛行機の遅延や身の回り品の紛失・盗難なども保証してくれます。

さらに、海外留学保険にはキャッシュレス対応サービスがあり、治療費を保険会社が支払ってくれるので金銭面を心配することなく受診できます。

寮デポジット

寮デポジットは部屋の鍵を紛失したり、設備を破損した場合の保証金となる料金です。

学校によって料金が異なりますが、相場は5,000円です。

入寮時にデポジットを支払い、退寮時に問題がなければ返金されます

滞在する部屋で既に破損している箇所がある場合は写真を撮っておいたり、寮スタッフに確認しておくと退寮時に揉める心配がありません。

SSP申請費

SSP(Special Study Permit)はフィリピンの語学学校に通う際に必要な就学許可証です。

観光目的で入国した外国人が合法的に就学するために必要な許可証なので、フィリピン到着後に必ず取得しましょう。

語学学校で代理申請を依頼でき、費用は6,500PHP(約17,485円/1PHPが2.69円の場合)です。

ただ、語学学校で手続きする場合は手数料を取られるので、上記の金額から手数料が上乗せされます。

空港送迎費(必要な人のみ)

空港送迎は到着した空港から学校まで送迎してもらえるサービスで、学校スタッフが同行してくれます。

学校によって無料で送迎してくれる場合とオプションになる場合があります。

オプションの場合は3,000〜5,000円が相場です。

また、到着時刻が規定の時間外や空港から学校まで距離がある場合は追加料金がかかる場合があるので、空港送迎を利用したい人は事前に料金を確認しておきましょう。

フィリピン短期留学2週間の費用を抑える方法4選

フィリピン短期留学2週間の費用を抑える方法は次の4つです。

  1. 授業数が少ないコースを選ぶ
  2. 寮は複数人部屋を利用する
  3. キャンペーンを利用して格安航空券で渡航する
  4. 授業がない日は遊ばず勉強する

①授業数が少ないコースを選ぶ

授業数が少ないコースを選ぶことで、約10,000〜40,000円節約できます

フィリピンの語学学校は授業数によって複数のコースが用意されており、自分で授業数を選ぶことが可能です。

そのため、授業料が予算に合わない場合は授業数が少ないコースを選択することで授業料を抑えられます

また、フィリピン留学ではマンツーマンレッスンが主流ですが、マンツーマンレッスンの一部をグループレッスンに変更することで授業料が安くなります

②寮は複数人部屋を利用する

フィリピンの学生寮は1人部屋、2人部屋、3人部屋などの種類があります。

基本的に部屋人数が増えるほど寮費が安く、1人部屋の料金が一番高いです。

そのため、複数人部屋に滞在すれば約10,000〜30,000円節約できます

ただし、他人と同じ空間で生活するのでストレスを感じることも多く、ストレスが原因で体調を崩すリスクもあるので寮部屋を選ぶ際はよく検討しましょう。

③キャンペーンを利用して格安航空券で渡航する

航空券は購入時期やキャンペーンなどを利用すると、約20,000〜40,000円節約できます

フィリピンに就航している航空会社のなかには、定期的に航空券が安くなるキャンペーンを実施している会社も多いです。

そのため、キャンペーンを利用すれば通常価格よりお得な料金で購入できます。

また、LCCの場合は基本料金がFSCに比べて安いので、キャンペーンで割引を適用すれば渡航費を抑えられます。

関連記事:フィリピン留学の費用はいくら?安く抑える方法も解説

関連記事

「フィリピン留学の費用はいくら?」「フィリピン留学費用を安く抑える方法はある?」「フィリピン留学がきついと言われる理由は?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、フィリピン留学にかかる費用、期間別のフィ[…]

フィリピン留学の費用

④授業がない日は遊ばず勉強する

現地での生活費を抑えるなら、授業がない日も遊ばず勉強する方法がおすすめです。

フィリピンは日本より物価が安いので気軽に買い物ができ、思いの外お金を使い過ぎてしまうケースが多いです。

現地で無駄に出費しないためにもなるべく外出を避けて買い物なども最小限にするよう心がけましょう。

また、勉強に集中することで本来の留学目的や目標の達成に近づけます

フィリピンでは最短で何日から語学留学ができる?

フィリピンの最短留学プラン、フィリピン短期留学の魅力を解説します。

1〜3週間の留学プランがある

フィリピンの語学学校には1〜3週間で留学できるプランがたくさんあります。

フィリピンは短期滞在であればビザなしで入国でき、ビザ手続きも複雑ではないので短期で留学をしに来る留学生が多いからです。

留学生の多くは春休みや夏休みなどの期間を利用したり、次の転職までの休み期間を利用して社会人留学に来る人もいます。

また、フィリピンの語学学校は毎週入学日を設定している場合が多く、欧米留学より留学スケジュールが組みやすいです。

関連記事:フィリピン(セブ)留学の半年の費用は?おすすめの学校も解説

関連記事

「半年のフィリピン語学留学はいくらかかる?」「半年のフィリピン留学で費用を抑える方法は?」「半年フィリピン留学におすすめの学校はどこ?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、半年のフィリピン語学留学にか[…]

半年留学の費用と滞在費などを解説

フィリピン短期留学の魅力

フィリピン短期留学の魅力は次の3つが挙げられます。

  1. 30日以内の滞在であればビザなしで語学留学できる
  2. スパルタ・セミスパルタコースで英語漬けになれる環境
  3. 授業料・滞在費・生活費が安い

留学準備で最も苦労するのがビザ申請です。

フィリピンは30日以内の滞在であればビザなしで留学できるので、面倒なビザ申請をする必要がなく、ビザ延長も語学学校を通して手続きできます。

さらに、フィリピンの語学学校は朝から夜まで授業が組まれているスパルタ・セミスパルタコースがあり、短期留学でも集中して英語を学べます。

また、フィリピンは物価や人件費が安いので、欧米留学よりも安い費用で留学できるところも魅力です。

関連記事:フィリピン留学のメリットとデメリットを解説

関連記事

「フィリピン留学をするメリット・デメリットは?」「3ヵ月のフィリピン留学でかかる費用はいくら?」「フィリピン留学・セブ島留学でおすすめの学校が知りたい」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、フィリピン留[…]

フィリピン留学のメリットとデメリット

2週間のフィリピン留学はどれくらい効果がある?

2週間のフィリピン留学で得られる効果を解説します。

どれくらい留学するか留学期間で悩んでいる人や短期留学を検討している人はぜひ、参考にしましょう。

劇的に英語力を上げるのは難しい

結論、2週間のフィリピン留学で劇的に英語力を上げるのは難しいです。

言語取得は継続学習をすることで得られるもので、短期間の勉強では身につけられないからです。

ただ、2週間のフィリピン留学では以下の効果が期待できます。

  • 英語を話す環境に慣れる
  • 英会話の楽しさを体験できる
  • 英語学習のモチベーションがアップする
  • 外国人の友人ができる

劇的に英語力を上げるのが難しくても、2週間留学することで今後の英語学習にいい影響をもたらす可能性が高いです。

英語力を上げるなら1ヵ月以上の留学がおすすめ

確実に英語力を上げるなら1ヵ月以上の留学がおすすめです。

1ヵ月以上留学すれば基本的な文法構成を理解できるようになり、英会話スピードが上がります

また、脳や耳が英語になれるのでリスニング力もアップし、長い文章で会話ができるようになります。

留学期間に余裕がある人や長期休みが取れる人で、しっかり英語力を上げるなら1ヵ月以上の留学を検討しましょう。

フィリピン・セブ島短期留学でおすすめの語学学校4選

フィリピン・セブ島短期留学でおすすめの語学学校は次の4校です。

  1. CIP
  2. CELLA Premium
  3. CPI
  4. EV English Academy

関連記事:フィリピン留学で格安のおすすめの学校

関連記事

「なぜ、フィリピン留学は格安なのか?」「最安値で通えるおすすめの格安語学学校はどこ?」「フィリピン・セブ島留学を最安値で行く方法は?」こんな悩みを抱えていませんか?この記事では、なぜ、フィリピン留[…]

フィリピン留学で格安の学校とは?最安値でコスパよく通う方法を解説

CIP

CIPは全コースでネイティブ講師の授業を受講できる語学学校です。

アジア圏以外にヨーロッパや南米などからも受け入れ実績がある学校で、多国籍な環境で英語を学べます。

ネイティブ講師は5名以上在籍しており、全コースにグループ授業が組まれています。

また、コースによってはネイティブマンツーマンも受講可能なので、欧米圏へのセカンド留学を検討している人やネイティブ英語を習得したい人におすすめの学校です。

公式サイトhttps://cipenglish.net/cgi-sys/suspendedpage.cgi
住所block 37 Kamatigue st. cutcut. Angeles city, Philippines
認可
  • SSP認定学校
  • TESDA登録学校
生徒数80〜105名
日本人比率28%
入学日毎週月曜
滞在スタイル学生寮(1人部屋・2人部屋・3人部屋)
校内設備
  • 食堂
  • ラウンジ
  • カフェ
  • ウォーターサーバー
  • 図書館
  • 自習室
  • パソコンルーム
  • ジム
  • プール
  • サービスセンター
門限
  • 日〜木曜日:23時まで外出可能
  • 金〜土曜日・祝日:25時まで外出可能
コース
  • Intensive ESLコース:1週間$600(約90,264円)〜
  • Regular ESLコース:1週間$580(約87,255円)〜
  • Native ESLコース:1週間$660(約99,290円)〜
  • Light ESLコース:1週間$548(約82,441円)〜
  • Speaking Masterコース:1週間$720(約108,317円)〜
  • Native Masterコース:1週間$748(約112,529円)〜
  • Businessコース:1週間$680(約102,299円)〜
  • IELTS Intensiveコース:1週間$628(約94,476円)〜
  • IELTS Nativeコース:1週間$(約109,520円)〜
  • TOEFL Intensiveコース:1週間$628(約94,476円)〜
  • TOEIC Intensiveコース:1週間$620(約93,273円)〜
  • Primary Englishコース:1週間$620(約93,273円)〜
  • Junior ESLコース:1週間$656(約98,687円)〜
  • Junior Nativeコース:1週間$756(約113,733円)〜
  • Junior IELTSコース:1週間$708(約106,512円)〜
学費以外の費用
  • 入学金:$100
  • 航空券:自己手配
  • 海外保険:自己手配
  • 海外送金手数料:3,000円
  • SSP申請費:6,800PHP
  • ACR I-Card:4,000PHP
  • テキスト費:4週間あたり2,000PHP
  • 寮デポジット費:3,000PHP
  • 電気代:4週間あたり2,000PHP
  • 公共料金:4週間あたり1,200PHP
  • 空港ピックアップ費:マニラ空港4,000PHP、クラーク空港800PHP
  • VISA延長費用:3.830PHP〜

※レート:1ドル150.44円

CELLA Premium

CELLAは15,000名以上の卒業生を輩出している老舗語学学校です。

セブ島に2つキャンパスがあり、CELLA Premiumに2023年1月に完成した綺麗な校舎が特徴です。

講師全員が国際資格TESOLを保有しており、名門大学出身の講師も多数在籍しているので質の高い英語レッスンを受けられます。

公式サイトhttp://cellajp.cafe24.com
住所One Paseo Compound, Ma, Paseo Saturnino, Cebu City, 6000 CEBU, Philippines
認可
  • SSP認定学校
  • TESDA登録学校
生徒数200名
日本人比率20〜30%
入学日毎週月曜
滞在スタイル学生寮(1人部屋・2人部屋・4人部屋)
校内設備
  • カフェ
  • ラウンジ
  • プール
  • マンツーマン・グループクラス
門限毎日24時まで外出可能
コース
  • Light ESLコース:1週間$600(約90,264円)〜
  • Power Speaking1コース:1週間$640(約96,282円)〜
  • Power Speaking2コース:1週間$680(約102,299円)〜
  • Expresser1コース:1週間$770(約115,839円)〜
  • Expresser2コース:2週間$1,150(約173,006円)〜
  • Businessコース:4週間$1,800(約270,792円)〜
  • IELTS準備コース:1週間$680(約102,299円)〜
  • TOEIC準備コース:1週間$680(約102,299円)〜
  • Familyコース:1週間$1,600(約240,704円)〜
学費に含まれない費用入学金:$150

航空券:自己手配

海外保険:自己手配

海外送金手数料:3,000円

SSP申請費:6,800PHP

ACR I-Card:3,500PHP

電気代:1週間あたり500PHP

水道代:1週間あたり150PHP

テキスト代:200〜600PHP/冊

デポジット:2,000PHP〜

メンテナンス代:1週間あたり800PHP

IDカード:200PHP

空港送迎:1,200PHP

VISA延長費用:3,440PHP〜

※レート:1ドル150.44円

CPI

CPIは2015年に設立したホテルリゾートをコンセプトに作られた語学学校です。

セブ島のなかでも規模が大きい学校で、敷地内には50m屋外プール運動施設カフェダイニングフィットネスセンターなど充実した環境が整っています。

CPIにはスパルタ式とセミスパルタ式の2種類から学習スタイルを選べ、4技能をバランスよく学べるカリキュラムが組まれています。

公式サイトhttp://cpiedu.net/jp/
住所Holy Family Rd, Lahug, Cebu City, Cebu,Philippine
認可
  • SSP認定学校
  • TESDA登録学校
生徒数300名
日本人比率10〜25%
入学日毎週月曜
滞在スタイル学生寮(1人部屋・2人部屋・3人部屋・4人部屋)
校内設備
  • レストラン
  • カフェテリア
  • ラウンジ
  • 体育施設
  • ジム
  • プール
  • 自習室
  • ランドリールーム
  • クリニック
門限
  • 月〜木曜曜日・日曜日:21時まで外出可能
  • 金〜土曜日:23時まで外出可能
コース
  • ESL General Englishコース:1週間$596(約89,662円)〜
  • ESL Intensive Englishコース:1週間$641(約96,432円)〜
  • ESL Rapid プログレス 30コース:1週間$720(約108,317円)〜
  • ESL Rapid プログレス 60コース:2週間$1,218(約183,236円)〜
  • 試験対策コース(入門):1週間$615(約92,521円)〜
  • 試験対策コース(一般):1週間$641(約96,432円)〜
  • 試験対策コース(集中):1週間$660(約99,290円)〜
  • TOEIC・IELTS点数保証コース:12週間$5,430(約816,889円)〜
  • ESPコース(入門):1週間$615(約92,521円)〜
  • ESPコース(一般):1週間$641(約96,432円)〜
  • Family Juniorコース(お子様):1週間$754(約113,432円)〜
  • Family Diet General コース(保護者様):1週間$551(約82,892円)〜
学費以外の費用
  • 入学金:$100
  • 航空券:自己手配
  • 海外保険:自己手配
  • 海外送金手数料:3,000円
  • SSP申請費:6,800PHP
  • ACR I-Card:3,500PHP
  • 教材費:1週間あたり400PHP
  • 施設利用・管理費:4週間あたり1,000PHP
  • 学生ID発行費:350PHP
  • 光熱費:4週間あたり2,000PHP
  • 寮デポジット:3,000PHP
  • 空港送迎:1,000PHP
  • VISA延長費用:2,440PHP〜

※レート:1ドル150.44円

EV English Academy

EV English Academyはセブ島ではじめて開校したスパルタ・セミスパルタ式の語学学校です。

ESLコース以外にもTOEICやIELTSなどの試験対策コースビジネスコースがあります。

朝から夜まで徹底したスパルタプログラムが組まれているので、短期間で英語力を伸ばしたい人におすすめの学校です。

公式サイトhttp://m.evenglish.net
住所Nasipit 6000, Cebu City, Cebu, Philippines
認可
  • SSP認定学校
  • TESDA登録学校
生徒数300名
日本人比率40%以下
入学日月曜日
滞在スタイル内部寮(1人部屋・2人部屋・3人部屋・4人部屋)
校内設備
  • 食堂
  • カフェ
  • キッチンルーム
  • 売店
  • 自習室
  • シアタールーム
  • 共用パソコン
  • ジム
  • バスケットコート
  • バドミントンコート
  • ビリヤード
  • 卓球台
門限【スパルタコース】

  • 月曜日〜木曜日:外出禁止
  • 金曜日〜土曜日:24時まで外出可能
  • 日曜日:22時まで外出可能

【セミスパルタコース】

  • 月曜日〜木曜日:22時まで外出可能
  • 金曜日〜土曜日:24時まで外出可能
  • 日曜日:22時まで外出可能
コース
  • Intensive ESL:1週間$736(約110,724円)〜
  • POWER SPEAKING6:1週間$796(約119,750円)〜
  • POWER SPEAKING8:1週間$860(約129,378円)〜
  • IELTS点数保証コース:12週間$6,300(約947,772円)〜
  • General IELTS:1週間$784(約117,945円)〜
  • TOEIC:1週間$764(約114,936円)〜
  • Busines:1週間$764(約114,936円)〜
  • ESL Classic:1週間$716(約107,715円)〜
  • POWER SPEAKING6:1週間$776(約116,741円)〜
  • POWER SPEAKING8:1週間$840(約126,370円)〜
学費以外の費用
  • 入学金:$120
  • 航空券:自己手配
  • 海外保険:自己手配
  • 海外送金手数料:3,000円
  • SSP申請費:6,800PHP
  • ACR I-Card:3,500PHP
  • 管理費:1週間あたり内部寮300PHP、外部寮1,000PHP
  • 学生ID発行費:300PHP
  • 光熱費:1週間あたり500PHP
  • 寮デポジット:内部寮500PHP/週、外部寮3,000PHP
  • 空港送迎:内部寮800PHP、外部寮1,200PHP
  • VISA延長費用:3,130PHP〜

※レート:1ドル150.44円

フィリピンに2週間旅行に行くときの費用

フィリピンに2週間旅行に行くときにかかる費用を項目別に解説します。

航空券代

フィリピンへの直行便は往復で50,000〜80,000円が目安です。

日本から首都マニラ、セブ島へは直行便が就航しており、その他の島へは乗り継ぎが必要です。

また、フィリピンはLCCも就航しているので、航空会社や航空券の種類によっては格安で渡航できます

ただし、航空券は渡航時期によって変動するので、ハイシーズンは100,000円を超える場合があります。

ホテル代

フィリピン旅行のホテル代は1泊あたり8,000〜10,000円が目安です。

フィリピンはリゾート地が多く、お手軽なシティホテルから高級ホテルまで数多くのホテルがあります。

そのため、予算や旅程に応じてホテルを選びましょう。

エリア別のホテル料金の目安は以下のとおりです。

エリア

1泊あたりの料金

マニラ

  • 中級ホテル:5,000〜8,000PHP
  • 高級ホテル:10,000〜20,000PHP

セブ島

  • 中級ホテル:4,000〜8,000PHP
  • 高級ホテル:10,000〜20,000PHP

パラワン島

  • 中級ホテル:3,500〜7,000PHP
  • 高級ホテル:10,000〜25,000PHP

ボラカイ島

  • 中級ホテル:4,000〜8,000PHP
  • 高級ホテル:10,000〜30,000PHP

食事代

フィリピン旅行の食事代は1日あたり3,000円が目安です。

フィリピンには屋台や安いローカルレストランがたくさんあります。

1食あたり100〜300円程度から食事ができますが、スターバックスやケンタッキーなどのチェーン店は少し高めです。

また、ローカルレストランはクレジットカードなどのキャッシュレスに対応していないので、利用する際は細かい現金を持っていきましょう。

アクティビティ費

フィリピン旅行のアクティビティ費は1日3,000〜5,000円が目安です。

市内の観光スポットを巡る場合は比較的安く観光できますが、ツアーやマリナアクティビティなどに参加すると少し費用がかかります

アクティビティ費の目安は以下のとおりです。

観光スポット・アクティビティ

料金の目安
バリンタワー

10PHP(約27円)

サンアグスチン教会

50PHP(約135円)
イントラムロス

75PHP(約202円)

フィリピン国立博物館

150PHP(約404円)
セブ島 アイランドホッピング

4,800PHP(約12,912円)

セブ島 ジンベイザメ・モアルボアル

シュノーケリングツアー

9,800PHP(約26,362円)

※レート:1PHP2.69円

海外旅行保険

フィリピン旅行でかかる海外旅行保険は1日あたり1,000円が目安です。

海外では怪我事故盗難など、いつトラブルに遭うかわかりません

そのため、万が一に備えて海外旅行保険は必ず加入しましょう

保証プランによりますが一般的な治療費や歯科治療費、飛行機の遅延保証、弁護士費用なども付帯されます。

フィリピン・セブ島留学で注意しないといけないことは?

フィリピン・セブ島留学では以下の2つに注意しましょう。

  1. 夜道の独り歩き
  2. スリや置き引き

夜道の独り歩き

フィリピン・セブ島留学では夜道の独り歩きに注意しましょう。

フィリピンやセブ島には日本人が立ち寄ると危険なエリアがあります。

また、フィリピンは盗難窃盗などの犯罪が多く、夜道を独り歩きをしている外国人はターゲットとして狙われる可能性が高いです。

そのため、1人で外出する時はできるだけ暗くならないうちに滞在先に帰りましょう

スリや置き引き

フィリピンはスリ置き引きなどの軽犯罪も多いです。

とくに外国人は狙われやすく、外出する際は常に身の回りの持ち物に注意する必要があります。

スマートフォンや財布をテーブルに置いたり、ポケットに入れるのも危ないです。

スマートフォンはストラップをつけて肌身離さず持ち歩き財布は最低限の現金とクレジットカードのみを入れてカバンに入れた状態で持ち歩きましょう。

まとめ

2週間のフィリピン留学にかかる費用を解説しました。

フィリピン留学は渡航時期や語学学校、受講コース、部屋タイプによって費用は大きく変動します。

できるだけ安く留学したい人はハイシーズンを避け、授業数や滞在スタイルを工夫すると留学費用を節約できます。

フィリピン留学を検討したら、まずは語学学校や留学エージェントに見積もりを依頼しましょう。

最大半額の留学エージェント
認知度No.1で価格満足度No.1の「スマ留」は、年間利用者8,000人以上を超えており、「短期留学」「長期留学」「ワーキングホリデー」の3つの種類を選ぶことができます。
認知度No.1で価格満足度No.1の「スマ留」
アドバイザー
スマ留が他のサービスと比較すると、圧倒的な安さがわかる!
他社との違い
スマ留が安い理由は?
スマ留が安い理由授業の内容(コマ数)・場所・教師は他社と何も変わりませんが、稼働率の少ない時間帯に授業をおこなうことで低価格の留学ができるようになります。
不安なサポートはしっかりしてる?
スマ留は146カ国203都市で駆けつけのサービスがあったり世界中で安心安全の24時間コールサポートをしてくれるので、はじめての留学でも安心して学ぶことができます。
スマ留がサポートしている国は?
スマ留がサポートしている国
国ごとの費用一覧は?
※授業料・滞在費・教材費・入学金・諸手続き費用込み
週数オーストラリアカナダフィリピンマレーシアアメリカ(西海岸)アメリカ(東海岸)ハワイニュージーランドマルタイギリスアイルランドドバイ南アフリカ
798,000137,000最低保証価格-145,000145,000140,00085,00079,800127,00084,700102,00076,780
8170,000185,000最低保証価格-245,000299,000249,000145,000140,000203,000178,000181,000142,000
12236,000249,000最低保証価格-306,000373,000330,000200,000190,000271,000237,000252,000204,000
16304,000313,000最低保証価格168,000370,000449,000419,000250,000234,000350,000298,000322,000246,000
20342,000373,000最低保証価格-443,000544,000480,000311,000281,000445,000358,000378,000306,000
24388,000442,000最低保証価格-518,000636,000568,000371,000326,000522,000417,000446,000365,000
25438,000509,000最低保証価格-591,000727,000652,000427,000364,000595,000469,000514,000399,000
36496,000568,000最低保証価格330,000665,000817,000727,000484,000402,000655,000523,000582,000454,000
48619,000706,000最低保証価格455,000770,000980,000860,000609,000597,000742,000617,000815,000542,000
52739,000846,000最低保証価格-885,0001,141,000-728,000767,000871,000716,0001,021,000669,000
60837,000918,000最低保証価格-990,0001,262,000-812,000950,000973,000780,0001,235,000776,000
68917,0001,010,000最低保証価格-1,126,0001,389,000-890,0001,082,0001,077,000868,0001,456,000854,000
76--最低保証価格-------897,000--
801,300,0001,400,000最低保証価格-1,700,0002,100,000-1,500,0001,350,0001,650,000-960,000-
881,600,0001,800,000最低保証価格-2,050,0002,500,000-1,800,0001,780,000--1,200,000-
44---------1,950,000---
留学費用の分割払いが可能なので将来的に返済も可能ということで、社会人なってからやワーホリ後に返済ができてしまうので魅力的です!

\ 最大半額のエージェント /公式サイトを見る

\ 海外駐在案件を探すなら /
ビズリーチがおすすめ
\ 海外駐在に強い /
ビズリーチに無料登録